特許を取る|チャットツールで連携を強化する|人気の管理システム

チャットツールで連携を強化する|人気の管理システム

男性

特許を取る

オフィス

特許申請をする前に知っておく事

日本国内で提出して認めた特許は、日本国内で独占的に権利を認める事を、特許法に基づいて付与するものの事です。独占とはいえ、期限が定められていて、特許申請の出願日から20年となっていますが、医薬品と農薬は5年の延長が認められています。特許の規定は国により大きく違うので、外国で出願する場合にはその国の特許法をよく理解する必要があります。特許申請を行うに当たり必要な金額は、出願時に1万5千円と書類枚数に応じた電子手数料、審査請求時11万8千円と請求項目数に応じた費用が必要になります。また、弁理士を通じて申請する場合には約20万円と申請書一枚に付き約2万円が必要で、審査請求に12万8千円と請求項目につき4千円が必要です。

申請にあたり知っておいて欲しいこと

特許申請は自己申請なので、申請者本人であれば自分で申請することができますが、専門的な事を調べたりして、手続きや特許申請書の記入を正確に行ったり、役所に出向いたりとする時間を有効に使いたい場合や失敗がないように専門家に任せたい場合には、特許申請を代理申請することができる弁理士に依頼することができます。また、特許は同じ内容の場合は、当然すでに認められた特許が優先され、申請することが認められません。同じ内容の特許があることを知らずに、特許申請のため費用と時間を費やした場合には、すべてが無駄になってしまいます。そこで、一般的にアイディアを思いついた段階で、先行技術調査を行って、過去に出願された特許に同じような事項がないか調査を行い、問題がないことを確認した上で次の段階へと進んでいきます。