倒産確率について|チャットツールで連携を強化する|人気の管理システム

チャットツールで連携を強化する|人気の管理システム

男性

倒産確率について

スーツの女性

与信管理は非常に重要である

日本には数多くの企業が存在します。その中でも、大企業と中小企業に分けることが出来ます。日本には、大企業が約1万1千社、中小企業が約430万社以上あると言われています。この数を見ても、中小企業の数が圧倒的に多いことがわかります。その中で毎年多くの企業が倒産しています。2014年の倒産件数は、9731社でした。この数字は2013年より少なくなってはいますが、それでも約1万社も倒産しているのです。ですから企業側にとってみたら、投資先の企業の経営状況など気になる点が多々あるのは当然です。投資先の企業が倒産したら大変です。投資先企業の倒産確率を知り、手を打つ必要があるのです。そのために与信管理は大変重要になってきます。最近では、与信管理の相談やお手伝いをしてくれる業者もあります。それによって、迅速で効率的な投資を行うことができるのです。

取引先の倒産確率をしっかりと把握する

与信管理については、取引の相手先の経営状況を判断するための資料を分析する信用調査と、与信業務の設定業務、運営など、大きく分けて2つの業務があります。当然、取引相手の倒産確率についても調べる必要はあります。しかし信用調査を自社独自で行うのは難しいことですし、しっかりとした調査分析を行うことができるシステムが構築されてないと判断を誤まることにも繋がります。ですから、しっかりとした資料が必要となってきます。最近では、IT製品によって与信管理を行えることも可能となってきています。与信管理に対応した製品を売る業者も多くあり、どのような製品なのか資料請求も可能です。一番の不安は、倒産確率にあると思います。今では、倒産確率を算出してくれる与信管理サービスがあるのです。そのような業者を利用して、しっかりとした与信管理をすることが、企業の安定に繋がるのです。