福利厚生とは|チャットツールで連携を強化する|人気の管理システム

チャットツールで連携を強化する|人気の管理システム

男性

福利厚生とは

計算

福利厚生の内容は多種多様

人材は企業の安定と発展に欠かせない最重要の要素です。しかし優秀な人材を採用し職場に定着させることは、決して簡単ではありません。でもすべての職業が不安定というわけではなく、企業の体制や職種によってかなりの差があります。現代の3K職場などと言われる介護関連は、人材が定着しない職場の代表格と言えるでしょう。この問題を解決するためには、職場の福利厚生に力を入れる必要があります。給与だけでは判断できない働きやすさを左右するのが、福利厚生です。その内容は、家賃補助やリクレーション施設の利用など多岐に渡っています。中小企業が独自の福利厚生を導入するのは困難ですが、福利厚生関連のサービスを利用すれば、大企業と変わらない体制をつくることができます。それにかかる費用は、社員一人月額500円から1000円程度です。

人材定着に欠かせないコスト

福利厚生は今後ますます重要度が増してくるでしょう。超高齢化社会の到来により、働く女性だけでなく男性も、介護や家事をしなければならなくなります。 このような問題を解決する方法として、家事代行サービスの利用があります。費用として1回2時間5000円程度です。このサービスの利点は、それぞれ個人の事情に合わせて選択できることです。ライフサポートだけでなく、レジャーや旅行などのサポートを提供しているところもあります。 サービス提供業者のなかには、社員が直接申し込めるところもあり、福利厚生の担当者の負担は大きく軽減されます。社員一人につき月額1000円以下の費用で、数多くの福利厚生サービスを受けられるシステムは、今後いっそう充実していくことでしょう。